金爆・鬼龍院翔、貯金額は都内マンション「30部屋」分…12億円は「ちょっとリアル」

引用元:MusicVoice
金爆・鬼龍院翔、貯金額は都内マンション「30部屋」分…12億円は「ちょっとリアル」

 ゴールデンボンバーが1日放送の関西テレビ『マルコポロリ!』に出演。ボーカルで作詞作曲全般を担う鬼龍院翔が、自身の貯金額に言及するシーンがあった。

【写真】樽美酒研二の“美尻”

 この日の放送にゲスト出演したゴールデンボンバーの4人。月亭八光とのトークの中で、メンバーの収入に話は及んだ。

 作詞作曲を担当している鬼龍院が「著作権印税」をもらった上で、残りは4等分していると紹介。月亭八光から「皆さんどれくらいもらってるかわかってるんですか?」と鬼龍院の“取り分”を尋ねた。

 これに樽美酒研二は「この前、貯金が12億、行った?」などと語ると、鬼龍院は大きく手を振って否定。「そこまで…」と苦笑いを見せたが、「ちょっとリアルなんだよな、もっと上言えよ」ともつっこんだ。

 鬼龍院自身は、自分の給料から著作権印税を引けば他メンバーの収入がわかるとし、「倍いかないです」と紹介。「(自分が)3億もってたら、みんな2億みたいな」と大まかなギャラの状況を語った。

 さらに月亭八光からは“貯金額”について、「東京でマンション、何戸くらい買えそうですか?」との質問が。番組では、テロップで、首都圏の新築マンション平均購入額5469万円とのデータが表示された。

 これに鬼龍院は「30部屋くらいは…」と応じると、月亭八光は「30部屋!」と驚きの声を挙げ、「さっきの12億もまんざらウソじゃなさそう」と衝撃を受けていた。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする