映画『ハーレイ・クインの~』ジョーカーの元カノに最大のピンチ!?

引用元:オリコン
映画『ハーレイ・クインの~』ジョーカーの元カノに最大のピンチ!?

 女優のマーゴット・ロビーが演じる人気キャラクター 、ハーレイ・クインが初主役の映画『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』(3月20日公開)より、ジョーカーと別れフリーになったハーレイにとって最大のピンチといっても過言ではない本編シーンが解禁された。

【動画】エッグサンドが食べたくなる、本編シーン

 大好物のエッグサンドにかぶりつこうとしたその時、突然、刑事のモントーヤに狙われるハーレイ。信号を無視し、エッグサンドを片手に路地から路地へ逃げるが、今度はハーレイに恨みを持つ女性の妨害にあう。真上から落とされた段ボールに、つまずき転びながらもなんとかモントーヤの追跡から逃げようとする彼女だが、またしても恨みをいだく男が行く手を塞いで…。ハーレイはさまざまな追っ手
を振り払い、無事にエッグサンドを口にすることが出来るのか!? ハーレイのキュートなポップさは然ることながら、ゴッサムシティでのジョーカーの影響力の大きさもうかがい知れる、本編映像となっている。

 本作のプロデューサーも務めているマーゴットは、「『スーサイド・スクワッド』のハーレイはジョーカーと付き合っていましたが、その関係は不健康な恋愛でした。ハーレイはジョーカーに依存して恋愛中毒を起こすほどに自分を捧げてしまった。本作ではジョーカーとの恋愛を断ち切ってフリーになります。そこがタイトルにもある“覚醒”につながるのです」と、ハーレイが街中から狙われる元凶となった、“ジョーカーとの別れ”が本作の出発点であることを語る。

 しかし、この“別れ”は、彼女の災難の序章に過ぎないようで、「精神的にもギリギリなのに、立ち直るまでの道のりがカオス! 自分のことだけでも混乱しているのに、一難去ってまた一難のようなことが立て続けに起こるのです!」と続け、今回公開されたシーンは序の口。ここからさらなる騒動に巻き込まれることを明かしている。

 ちなみに、ハーレイの“元カレ”ジョーカーが主人公の映画『ジョーカー』は、今月10日に発表された『第92回アカデミー賞』で、主演男優賞(ホアキン・フェニックス)と作曲賞の2部門を受賞した。

(C)2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved. BIRDS OF PREY and all related characters and indicia c&TM DC Comics.

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする