「ミスiD」グランプリ嵐莉菜、viviモデル抜てき TikTokで「天使」と話題の16歳

引用元:オリコン
「ミスiD」グランプリ嵐莉菜、viviモデル抜てき TikTokで「天使」と話題の16歳

 講談社主催のオーディション「ミスiD」の2020グランプリの嵐莉菜(あらし・りな/16)が、女性ファッション誌『ViVi』7月号(23日発売)から、同誌の専属モデルに起用されることが決定した。同オーディションからは、初代グランプリの玉城ティナ以来、8年ぶりにViViモデルが誕生する。

【写真】『ViVi』専属モデル決定…リモート撮影に挑戦する現役女子高生・嵐莉菜

 嵐は、母がドイツ・日本のハーフ、父がイラン・イラク・ロシアのミックスという両親の元、日本で生まれ育った5ヶ国のマルチルーツを持つ高校1年生。幼い頃はキッズモデルとして活動し、フォロワー24万人超えのTikTokやネット上で「天使」「可愛すぎる」などと話題に。女性ファッション誌のモデルは『ViVi』が初めてとなる。

 専属モデル抜てきに「びっくりしすぎて何回も確認したくらい、全く実感がありませんでした(笑)」という嵐は、「大好きな雑誌なので、夢がかなったと実感した時は本当に本当にうれしかったです!」と言葉に力を込める。

 同時に「このままで大丈夫なのかとすごくプレッシャーに感じて、その日から意識が変わり自分磨きを本気で始めるようになりました。まだまだ未熟ですが、ViVi モデルの先輩たちと並べるように、たくさん勉強して全力で頑張ります!!」とさらなる高みを目指している。

 同誌の岩田編集長は「16歳、未経験の経歴を全く感じさせない存在感が魅力に感じました。これからViViの先輩モデルの背中を追いながら、 将来の看板モデルに成長してくれることを期待しています」と待望している。

 専属モデルが発表される時に必ず企画されるモデル紹介ページでは、4月中旬撮影予定が緊急事態宣言に伴い中止になったが、編集部からのアイデアで携帯カメラ機能を駆使しリモート撮影で決行。オンライン上でカメラマンがパソコン越しの嵐を撮影し、今の時代を象徴する誌面となった。また、同企画内では生い立ちや、この春に高校1年生になったばかりの等身大の彼女の内面がわかるスナップなどを掲載する。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする