【フジテレビ系ドラマ「隕石家族」明日はどうなる】片瀬はネットで知り合った久美子の夫・和彦にずっとそばにいたいと打ち明けられる

引用元:中日スポーツ
【フジテレビ系ドラマ「隕石家族」明日はどうなる】片瀬はネットで知り合った久美子の夫・和彦にずっとそばにいたいと打ち明けられる

 地球滅亡まで、あと123日。巨大隕石とは関係ない、直径80センチメートルほどの隕石が落ち、地面が揺れ、全国で電波不通となった。

 久美子(羽田美智子)に和彦(天野ひろゆき)は自分の夫だと打ち明けられた片瀬(中村俊介)は唖然。和彦とはネットで趣味を通じて知り合い、本名を知らないまま、鎌倉に行き、和彦からずっとそばにいたいと打ち明けられた。「あの人の夢は、家族で一緒に最後の時を迎えることでは」。久美子は疑心暗鬼だ。

 結月(北香那)は翔太(中尾暢樹)に「姉妹なのに全然似てない」と言われ、姉の美咲(泉里香)にもらわれっ子疑惑があることを話す。

 美咲は、教師を辞めて田舎に疎開する森山(遼河はるひ)と対峙。森山から渡されたお見合い写真を突き返し、「私の気持ち、知ってるくせに」と訴える。帰宅した美咲は「この家を出る」と宣言。久美子たちは、最後の時に先生のそばにいたいという美咲に驚き、家族で多数決をとる。

〈概要〉
 もうすぐ巨大隕石が地球に衝突-。最後の日まで家族と一緒に、でいいのか。幸せだったと胸を張っていえるのか。家族、主婦、母親からの卒業を決意した久美子は「あたし、好きな人がいます」と家出した。久美子だけではなく、夫も娘も姑も家族それぞれからも最後の願いが噴出する。

 突然、自我に目覚める久美子は羽田美智子、夫・和彦は天野ひろゆき、長女の美咲は泉里香、次女の結月は北香那、久美子の高校時代のテニス部キャプテン片瀬清人は中村俊介が演じる。

 NHK大河ドラマ「天地人」(2009年)、東海テレビ「花嫁のれん」(2010-15年)などを手掛けた小松江里子さんのオリジナル脚本。4月11日から5月30日の全8回。東海テレビ制作=フジテレビ系の「オトナの土ドラ」枠で土曜午後11時40分~午前0時35分に放送。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする