東出昌大 三島文学を愛読、ナレーションの依頼には「心が躍った」

東出昌大 三島文学を愛読、ナレーションの依頼には「心が躍った」

 俳優東出昌大(32)が17日、都内で行われた映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」(20日公開)のトークイベントに出席した。

 東出は10代後半から三島文学を愛読し、18年に三島原作の舞台「豊饒の海」に主演。今回のナレーションの依頼には「一ファンとして心が躍った」という。映画で描かれた討論会も活字では読んでいたが「言葉の次元が高すぎて、意味を理解しきれていなかった。映像で見てふに落ちることも多く、必ず熱量を持ち帰れる作品だと思う。三島になじみのない方も一時代の象徴として見てほしい」とアピールした。

 本記事・サイトは一人でも多くの方に最新のニュースをご覧頂けるように、元ニュース記事へのご案内をしております。
また、本記事・サイトは元ニュースの全記事内容が引用されている訳ではなく著作権法・その他を厳守しております。

フォローする